七五三の写真はスタジオで|記念となる写真はプロに撮影してもらおう

女児

メニュー

記念品となる

撮影機材

七五三の写真はスタジオでプロに撮影してもらいましょう。記念として残しやすく、キレイに撮ってもらえます。要望によってはアルバム形式にしてくれることもあります。着付けなどトータルで頼むこともできて便利です。

詳細を読む

思い出を残しましょう

スタジオ

七五三は子どもの成長を喜ぶことができるお祝い事の一つです。ですからぜひ思い出に写真を残してみませんか。自分で撮影するのもよいですがプロにお任せするのも一つの方法です。オフシーズンであれば割引価格で利用できるところもありお得です。

詳細を読む

子供の成長の記録を残そう

カメラマン

プロによる撮影で七五三でしか残せない子供の笑顔の写真を残すのが人気です。フォトスタジオが混んでない時期にゆっくり撮影できて、レンタル衣装が無料であったり、写真データや台紙がついているお得な特典がある早撮りプランでの撮影がおすすめです。

詳細を読む

子供の成長を喜び願う風習

子供

レンタルと撮影

七五三とは、子供が3歳と5歳と7歳になった時に、そこまで成長したことを喜びつつ、その後の成長を願うという風習です。現在では、男児の場合は5歳になる年に、女児の場合は3歳と7歳になる年に、お祝いと祈祷とをおこなうことが一般的となっています。祈祷は、住まいの地域にある神社に依頼する場合が多く、その際には神前にふさわしい服装として、多くの子供が和服を着用します。具体的には、男児は紋付羽織袴、女児は振袖を着用するのです。これらを購入する人もいますが、着用するのは七五三の祈祷の時のみなので、昨今ではレンタルをする人も増えています。そしてそのレンタルサービスは、写真撮影をおこなうスタジオでよくおこなわれています。もちろんレンタルした和服を着た状態で撮影してもらえるので、利用により七五三の記念写真も残すことができるのです。

ドレスや着ぐるみの着用も

スタジオでのレンタルサービスでは、多くの場合は和服だけでなく、ドレスや動物の着ぐるみなどの衣装もレンタルすることが可能となっています。もちろん、数点を同時にレンタルすることができ、その場合は一層多くの記念写真を残すことができるのです。ただしレンタルとはいっても、ドレスや着ぐるみの場合は、基本的にはスタジオ内のみでの着用となります。つまり写真撮影のためにレンタルし、その場で返すことになるわけです。なぜなら神社には、七五三の祈祷にふさわしい和服などを着用していく必要があるからです。そしてその和服は、祈祷が終わるまでの一定期間は、レンタルを続けることができます。もちろん祈祷後には返す必要がありますし、それを念頭に置いて、レンタル中には汚さないように気を付けることも必要となります。